※ 瀧川鯉昇一門紹介

瀧川鯉昇:弟子に恵まれないのが悩みの種。酒が好き。偏食家、生魚と肉が苦手。子供と動物に妙に好かれる。

鯉昇さんとほ乳ビン!?と思いきや、その手には恵比寿ビール

鯉昇一門
瀧川鯉昇一門
瀧川鯉朝
瀧川鯉朝
春風亭鯉枝
春風亭鯉枝
瀧川鯉太
瀧川鯉太
春風亭傳枝
春風亭傳枝
瀧川鯉橋
瀧川鯉橋
瀧川鯉斗
瀧川鯉斗
瀧川鯉八
瀧川鯉八
春風亭柳若
春風亭柳若
瀧川鯉津
瀧川鯉津
瀧川鯉和
瀧川鯉和
瀧川鯉○
瀧川鯉○
瀧川鯉毛
瀧川鯉毛
瀧川鯉ん
瀧川鯉ん
瀧川鯉作
瀧川鯉作

※ 『瀧川鯉昇 落語CDのご案内』
  1. 「鰻屋」

  2. 「二番煎じ」

  3. 「おまけトラック~先代小柳枝を語る part2」

 古典落語にハチャメチャなギャグはどこまで許されるのか?!
 奇想天外、賛否両論、抱腹絶倒の鯉昇流古典落語2席!

    詳細、ご購入はこちら

  1. 「明烏」

  2. 「長屋の花見」

  3. 「おまけトラック~鯉昇ギャグの奥義を語る」

 鯉昇唯一の廓噺「明烏」。信じられない面白さ「長屋の花見」
 芸の秘密を語ったおまけトラックも必聴!

    詳細、ご購入はこちら

  1. 「時そば」

  2. 「佃祭」

  3. 「おまけトラック~先代小柳枝を語る part2」

 鯉昇の十八番「時そば」に、軽~い味わいの名作「佃祭」!
 決して人生訓など語らない。人の心にそっと寄り添う極上の2席

    詳細、ご購入はこちら

  1. 「宿屋の富」(34:36)

  2. 「ちりとてちん」(30:41)

  3. 「おまけトラック~先代小柳枝を語る(インタビュー)」(10:01)

 人柄が面白い。体験が面白い。おまけに落語が上手い。
 だから鯉昇の落語が面白くないわけがない!

    詳細、ご購入はこちら


※ 東京かわら版 7月号

『東京かわら版』は、日本で唯一の寄席演芸専門の情報誌です。落語・講談・浪曲・漫才・マジック・太神楽・紙切り・コントなど、寄席演芸とお笑いに関する情報が、誌面 にぎっしりと詰まっています。
毎月28日発行/定価420円(税込)
『東京かわら版』ホームページ

※ 橘蓮二写真集 『高座』

噺家、色物ほか、芸人たちの決定的瞬間をとらえた豪華版写真集
定価5,670円(本体5,400円) ISBN 978-4-309-26948-1
発行所=河出書房新社

※ 浜美雪 『師匠ばなし』

瀧川鯉昇の初代師匠「小柳枝」師匠との苦労話や逸話|立川志の輔、笑福亭鶴瓶、春風亭昇太、柳家喬太郎ほか、東西人気落語家12人の素顔に「師弟」というテーマで迫るインタビュー集。
発行所=河出書房新社


※ 『文芸春秋 2005.2月号』に掲載されました
第18回「噺家伝」

※ 『浜松だいすきネットに紹介されました』
詳細はこちら
http://hamamatsu-daisuki.net/genki/
Home
Fax:03-5390-0744 / E-mail:ris_rei@swan.ocn.ne.jp